ゴルベス、ついに発売!\(^o^)/
ゴルベス、着々と皆さんのお手元に届いてるようですね。(^_^)


(Twitterより、一部ご紹介)

美夕#33さん

atata_deathさん

et-art#56さん

My_guitar_PGMさん

こうやって写真を見せていただくと、
本当に皆さんのところに届いたんだなぁ〜と、
改めて、ベストを出せて本当によかったなぁ〜って思います。^^

こうやって形として目に見えるから、
CDは配信とはまた違った嬉しさがありますね。^^


今回は発売日前日にフラゲしてくださった方も結構いらっしゃったようで。^^

★フラゲ(フライング・ゲット)

昔はそんな言葉すらありませんでしたからね。A^^;
私もついにフラゲしてもらえるようになったかぁ〜・・・って、
発売前日は感慨ひとしおだったりして。(笑)

店頭で予約すると、発売日前日に入手できるんですね〜
そういうことも初めて知りました。^^;


で、早速ゴルベスを聴いていただいたet-art#56さんから
一部、歌詞のミスプリのご指摘が。。。(^▽^;)

早速、確認してみました。

あちゃ〜〜〜ホントだ。(´_`;)タラー

7曲目の『バラと稲妻』の二番のサビの☆の部分、
Keep on dreamin' が Keep on lovin' になってる。(; ̄ー ̄A

聴いていただければお分かりかと思いますが、
Keep on dreamin' が正解です。
大変失礼いたしました。m(__)m

しかし、あんなに何人もで、何回も何回も
これでもかというぐらいチェックしたのに、
それでもこうしてチェック漏れがあるんですね〜。A^^;

ゴルベスをゴスペルと間違えてる方もいらっしゃいましたが、
確かに・・・ちょっと似てるかも。(笑)

フラゲしてくださった皆様、
お買い上げくださった皆様、
どうもありがとうございました!!!ヽ(=´▽`=)ノ

皆様に気に入っていただけると、私も嬉しいです。^^*
Work / comments(24) / -
サンプル盤。キタ━━━ヽ(´ー`)ノ━━━!!!

27日にTwitterにアップした写真。
こちらにも転載しておきますね。^^


サンプル盤。キタ━━━ヽ(´ー`)ノ━━━!!!

背中はこんな感じ。

Twitterのリプライに
「赤のジャケットは意外だった」というお声もちらほら。

私って何色のイメージだったのかな?^^;

最初にデザイナーさんにいくつかパターンを作ってもらい、
5つぐらい出た候補の中から、このデザインを選びました。
思ってた以上に、細部に渡って私の意見を取り入れていただき、
とっても素敵なベストに仕上がったと思います。^^*

曲ごとの私のコメントや、
曲ごとのミュージシャン・クレジットもすべて入ってます。^^
中には追跡が超難航して、
一時はもう無理か...と諦めかけたこともあったんですけどね。^^;

携わっていただいたスタッフ&関係者の皆さんに
改めて御礼を申し上げます。
本当にどうもありがとうございました!


曲順も逆リリース順にして正解だったな。^^
一曲目の「Everything」が流れ出すと、
沈んでた心もいきなり元気になる!p(^_^)q

皆さんの元に届くのももうすぐ。

楽しみに待っててくださいね〜〜(´▽`)ノ

Work / comments(9) / -
ゴルベスのことなど

忘れた頃にまた余震。
ぐらっと来る度に、毎回毎回必要以上にまだ身構えてしまいます。^^;

こちらは大きくても震度3ぐらいですが、
大きな余震が起きている地域の方は
本当に気が休まる暇がないと思います。

これだけ長く続くと、ストレスも想像以上だと思います。
色々な不自由が少しずつ改善されて、
少しでもすべてがよい方向へ向かって行きますように。
くれぐれも皆様、どうぞお気をつけて。


さて、目にも鮮やかな真っ赤なゴルベスのジャケット。
Twitterのアイコンにしたら、何やらトマト煮のようにも見えなくもないですが(笑)
赤は元気が出る色だから、今の時期にはちょうどよかったかな。^^

ちょうど震災の前後に、
このゴルべスのジャケットやブックレット制作の追い込みをしていたのですが、
震災後は頭が呆然としてしまった状態で作業していたので、
正直、出来上がっていく喜びまで実感することが出来ませんでした。^^;
今頃、Twitterのアイコンを見て、ちょっと嬉しくなってたりして。( *´艸`)

ブックレットを作る上で一番難航したのが
29〜30年前のミュージシャン・クレジット。
当時は曲ごとのミュージシャン・クレジットが記載されていなかったので、
調べるのに結構苦労いたしました。(;^_^A

笹路さんや関係者の皆さん、
その節は大変お世話になりました。ありがとうございました。m(__)m

震災以降、音楽業界も節電や自粛モードで、
予定が色々変更になったものも多かったようですが、
亜蘭のゴルベスは予定通り発売にこぎつけられそうです。^^

お一人お一人へのコメント返しがすっかり滞ってしまってますが、A^^;
いつも皆さんのコメントだけはしっかりと読ませていただいてます。
早速予約してくださったとのお声も聞こえてきて、とてもうれしいです。
本当にありがとうございます。(^-^)

私もいつまでもフリーズしたままではいられないので、^^;
また、中にはすご〜く心配しすぎている方もおられるようなので、^^;;;
そろそろ無理しすぎない程度に
いつものペースに戻っていきたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Work / comments(6) / -
ゴルベス、出ます!(予定)
この方は、誰でしょう?

この写真を見ただけで分かったあなたはスゴイ!


ちょっと話は前後しますが、
コメント欄よりブログの情報アップが遅れて、
まずは申し訳ない。m(__)m

昨日、Twitterの美夕#33さんのツィートを見て、
「えーー?!もう予約が始まってるの?」Σ(゚Д゚;ノ)ノ
・・・と、実はかなりビックリした私です。

マネージャーの仲さんにすぐ電話したら、
仲さんもまだ知らなかったという・・・A^^;

それにしても、皆さん・・・情報が早い!!!(笑)


というわけで・・・

もう大きな声で言っちゃいます。

5月に、遂に、

亜蘭知子ベストアルバムが出ます〜!\(^o^)/

でも、サイトをよく見たら(5/11発売予定)・・・なんですね。(笑)
「ゴールデン☆ベスト」なので、略してゴルベス!w

無事に発売される事を祈りましょう。(笑)



で、話はまた戻って、上の写真の御仁ついて。

この方のお名前は、Joey Carbone(ジョーイ・カルボーン)氏。

ベストの選曲のために過去の楽曲を片っぱしから聴いている時に、
私のアルバムに入っている唯一の外国人作曲者、
ジョーイ・カルボーンさんって、いったいどんな方なんだろう?
・・・という、そこはかとない疑問が。

何気なくネットで検索してみたら、
上の写真と共に、こんなインタビュー記事がヒットしました。
(写真はこのインタビュー記事より拝借)

26年目にして、初めて拝見したお顔。初めて知った人物像。

いやぁ、インターネットって、色んな意味ですごいです。(^-^)
Work / comments(22) / -
ESCOLTAコンサートに行って来ました。^^

今夜はESCOLTAコンサートに行ってきました。^^

会場の国際フォーラムは物凄い人・人・人!

メンバー各々のソロもあり、
とっても聞き応えのある、素晴らしいコンサートでした。^^

トークも彼らの仲の良さや誠実な人柄がうかがえて
とっても和やかないいムード。面白かったです。^^

最後は観客総立ちのスタンディングオベーションが起き、
メンバーもとっても嬉しそうでしたよ!^^

終演後、握手会も予定されていたようなので、
楽屋にはお邪魔せずに帰って来ちゃいましたが、
私が書いた「She loves you more than me」を
とっても素敵に歌い上げてくれたのを、生で聞けただけでも大満足!^^


コンサート後は、中目黒のいつもの隠れ家(?)へ。

昨夜は朝まで仕事してて、
考えてみたら、起きてからまだ何も食べていなかった。( ̄∇ ̄;)

しっかり栄養補給して来たので、
これからまたお仕事、頑張ります。p(^^)q

Work / comments(3) / -
アンケートにご協力ありがとうございました!(´▽`)

Twitterのあぶさぽさん達がサッカーで盛り上がってるのを見て、
途中から私も日韓戦、見てました。^^
いや〜〜〜すごい試合でしたね!久々に盛り上がりました!(´▽`)

・・・って、皆さんのつぶやきは見てるのに、
最近、私は全然つぶやいてませんね。すみません〜A^^;


さて、「あなたが選ぶ亜蘭知子ベスト10曲
アンケートにご協力くださった皆様、ありがとうございました!^^

20年〜30年前のアルバムからのベスト10曲、
選ぶのはとっても難しかったでしょう?^^;

こんなにたくさん、アンケートに答えてくれる(答えられる)方がいるなんて、
本当に改めて嬉しい驚きでした!^^

この曲がこんなに愛されてたんだ・・・と、新しい発見があったり。^^
皆さんの人生の片隅に、
私の歌がちゃんと息づいていたんだなぁ〜って・・・
とってもとっても嬉しく思いながら、アンケートを拝見していました。^^*

本当はもっと〆切りまでたっぷり時間があるとよかったんですけどね。^^;

まずは去年のアンケートと今回の分を合わせて、
明日の打ち合わせの参考にさせていただきます。^^

今日のマネージャーさんの話では、
最終決定にはまだもう少し猶予があるようなので、
締め切りに間に合わなかった方も、引き続きどうぞご参加下さい。^^


現在のところ、ベスト10、上位3曲は、

Everything
Drive To Love
Slow Nights

どうですか?
皆さんの予想通りでしたか?^^


初期の頃のアルバムは、たぶん全く知らない方も多いと思われ、
かなり皆さんの選曲にもバラつきがありますが、
最終的には亜蘭知子が独断と偏見で(!)セレクトさせていただきます。(笑)

尚、既にご存知だとは思いますが、
過去の亜蘭知子のソロアルバム(9枚)の楽曲は、
一昨年秋より、i-Tunes等で全曲配信中です。^^

まだ聴いたことがない方は、
初期の頃の作品も、是非聴いてみて下さいね。(^_−)−☆


というわけで、今回のアンケートを何に使うのかはまだ秘密ですが、(笑)
嬉しい報告が出来るのを、楽しみに待ってて下さいね〜♪(´▽`)

Work / comments(10) / -
ESCOLTA 『She Loves You More Than Me』

先日、織田哲郎LIVEで、
ESCOLTAのプロデューサー志鎌さんにバッタリ。

ずいぶん前に書いたあの曲はどうなったんだろう?と、
ずっと気になっていたので訊いてみたら、
「やっとマスタリングが終わって発売日が決まったんですよ〜」とのこと。

この曲のことは以前にもブログに書いたことがありますが、(→ESCOLTAコンサート
品川教会で初めて披露したのが昨年の5月。
あれからもう1年半も経ったんですね〜

こちらがそのアルバム。
11月24日に発売された『GLORIA SIRENA』

私が作詞を担当したのは
『She Loves You More Than Me』という
ロンドンの作曲家さんの曲。

発売前日にCDが届き、早速聴いてみたら、
とっても素晴らしい仕上がりで大感激!(≧ω≦。)

この詞はタイトルからも想像できるように、
三人の登場人物が存在する歌で、
恋人の心の変化に気づいてしまった主人公が、
一見平穏な日々の中で苦悩しながらも、
やがては彼女の心を解放してあげる道を選ぶ・・・
という、とってもドラマティックな大人な歌なんです。

感情を押し殺した部分があったり、
激しい内面の葛藤があったり・・・
一筋縄ではいかない人間の感情の両面を描いているので、
ある意味、とっても感情表現が難しい歌だと思うのですが、
ESCOLTA君たちは見事に歌い上げてくれていました。^^*

初披露した品川教会のライブから1年半。
この一曲を聴いただけでも、彼らのめざましい成長ぶりがうかがえます。^^


こちら←から、視聴もできるので、
よかったら是非聴いてみて下さいね!^^

Work / comments(5) / -
11/26 AGELESS PARTY with Friends〜STAGE PHOTO

昨日はLIVEのDVDが家に到着!

前回よりは少しは気楽に見られるかな?と、思ってたのに、
ところが、そうでもない。^^;

1曲目をちらっと見ただけで、ひぇぇ〜〜〜っ!!!\(◎∇◎;)/

今回も必殺「苦肉の策」版になりそうな予感・・・(;´_`A

というわけで、お留守番組の皆様、
動く亜蘭知子は今しばらくお待ちくださいね。m(__)m


今日は助っ人カメラマンさんに撮影していただいたステージ写真をご紹介。^^

ε-(´▽`) ホッ 今回はライオン丸じゃないぞ。


不思議だ。何だか気持ち良さそうに歌ってるように見えるぞ。


2部の後半頃からかと思ってたら、
1部の"モノクローム"あたりで、すでに「足が攣りそう」発言あり。(=゚ω゚=;)

足が攣っているのに、とても楽しげに踊っている知子さん。w

第1部のステージが始まって間もなく、
古村君のSAXがスタンドから落下するというアクシデント。L(゜ロ゜;)」

「大丈夫、大丈夫」と、ニコニコしてたけど、
LIVEの後に聞いたら、結構重症だったそうな。。。T.T
最後までよく頑張ってくれました。ジーン...(≧ω≦。)

今回LIVEを支えてくれた、素敵な仲間達。ヾ(o´∀`o)ノ




う〜ん、みんなやっぱりプロですなぁ〜
打ち上げとは全然顔が違う。(笑)


これは「裸足のサロメ」ですね。 誰を指差してるのかな〜〜?^0^

今回もいっぱいやらかしちゃって、すみません。ヾ(;´▽`A``

LIVEのDVDを見始めたら、一気に血の気が・・・( ▽|||)サーッ

亜蘭知子、まだまだ修行が足らんです。(-_-;)
ボイトレも、歌うための体作りも、もっともっと頑張らなきゃいけませんね。^^;

LIVEアーティストへの道はまだまだ険しいのでありました。(^^;)ゞ

Work / comments(10) / -
打ち上げの爆笑メニュー
Votre Premier Atelier's rose. ^^*

皆様から続々と寄せられるコメント。
とっても嬉しく読ませていただいてます。^^*

今日は「あぶさぽ記念写真」の編集をしたり、
打ち上げの時の写真を、バンドメンバーに送ったり・・・
身体全体にまだLIVEの疲れや余韻が残ってて、
何だかまだ夢の中にいるような、不思議な気分の一日でした。^^*

今回のライブは緊張してなかったね・・・とか、
余裕があったね・・・とか、言われるけれど、
自分でどういう風にあんなテンションに持っていったのかも、
実は自分でもよく分かってないんです。^^;;;

体調のこととか、不安材料はい〜っぱいまだまだあったんですが、
とにかく、当日は余計な事はな〜んにも考えてなかったというか・・・
考えられなかった、というか・・・
良くも悪くも、頭の中が「真っ白」になってたんですね。^^;
あれはとっても不思議な現象でした。(笑)

ステージに立ったら、ドカーンと緊張感が押し寄せるかな?
と、思ってたら、そうでもなく・・・(笑)
皆さんと一緒に深呼吸なんかしちゃったりして。(笑)

あれはホントにおかしかった!
客席の皆さんが本当に深呼吸してる音がハッキリ聞こえて来て。(笑)
たぶん、復活ライブ第1弾をご覧になった方々なんでしょうね〜^^;
私は前回どれだけ皆さんを緊張させてしまってたんだろう・・・と、^^;;;
本当に申し訳なく思ったりして。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

色々ハプニングや失敗もありましたが、^^;
それよりも何よりも、客席にいる皆さんの気配や笑顔や気持ちが、
キラキラした気の流れになって、会場中をゆるやかに舞っている様な・・・^^
ステージと客席の壁が全く感じられない、
とってもあったかい空間がそこにはありました。^^*

バンドのメンバーのトークも、とっても自然体だったでしょう?^^
北島さんってあんなに柔らかい方でしたっけ?・・・って、
はい、あんなに柔らかい人なんです。ギターを弾いてない時は。(笑)
笹路さんも打ち上げで、「俺ももうちょっとしゃべった方がよかったかな〜」って。^0^
どうもしゃべり足りなかったみたいです。(笑)

と、ここで打ち上げの写真をちょっぴり。^^


爆笑だったのが、このメニュー。^0^

「下仁田ネギ焼きくださ〜い」と、注文したら、

お店のお兄さん、とっても明るく、

「はいっ、下ネタねぎですね」

全員、一瞬、「え?」(・ ・)・・・のち、大爆笑〜!!!

一字違いでも、「に」と「ね」では大違い!(爆)

それから何度も面白がって、

「下ネタねぎ、くださ〜い」と、みんなでお代わりしたのでした。(笑)
Work / comments(9) / -
復活LIVE第2弾、無事終了しました〜!^^

昨夜はたくさんの皆様にご来場いただき、本当にありがとうございました!!!^^

昨夜はオープニング直後から客席の反応がとってもあったかくて。^^
音楽に合わせて一緒に体を揺らしてくれたり、手拍子してくれたり、
皆さんがニコニコとってもいい笑顔でステージを楽しんでくれてるのが分かり、
とってもとっても嬉しかった!!!^^*

前回に比べて、今回は若い女性のお客様がとっても増えたような気が。。。
私の娘・・・と言っても過言じゃない世代にお見受けする(笑)
可愛らしいお嬢さんたちがあちらこちらに。^^*
20年以上前の楽曲ばかりだったけど、楽しんでいただけたかな?^^

私が沖縄で撮影してきた写真。こんな風に展示されてました。^^


【昨夜のセットリスト】

(1st Stage)

1.BODY TO BODY
2.ひと夏のタペストリー
3.Wait Forever
4.Je t'aime...気ままに
5.モノクローム
6.Swing Easy
7.So Get Up〜要塞の女たち

(2nd Stage)

1.もう一度SOUTH WIND
2.Drive To Love
3.ノスタルジア
4.秋
5.水のないプール
6.裸足のサロメ
7.Everything

(Enc)

1.セクシー・ナイト
2.Baby, Don't You Cry Anymore
3.Lonely Night


**************************************


ちょっとした裏話ですが・・・

実は2部の後半頃から、両足のふくらはぎが攣り始めて・・・^^;
たぶん慣れないブーツを履いていたせいだと思うのですが、
一時は本当にどうなる事かと思いました。(;´▽`A

アンコール前、一時裏に引っ込んだ時に、
「そういう時は爪先をぎゅ〜っと反対側に反らすといいんですよ」
と、橋谷田君が教えてくれて、必死で爪先を反らして、どうにかアンコールへ。^^;

アンコールは本当に客席が一体となって盛り上がってくれて、
いつの間にか足が攣ってる事もすっかり忘れてました。(笑)
最後のLonely Nightではみんなが立ってくれて、
一緒に踊れてすっごい楽しかった〜〜〜!(≧∇≦)

続きを読む >>
Work / comments(23) / -