久々のお仕事

 

沢田知可子さんの『LIFE〜シアワセの種〜』というアルバムで、

『Together』という詞を書かせていただきました。

 

今回は私にしてはめずらしい詞先の曲。

 

今回いただいたテーマは『終活』

人生の最終章にどう向き合い歩いて行くか、、、

まさにその世代真っ只中にいる私にも重なる、とても興味深いテーマでした。

 

レコーディングが終わった後、

知可子さんからご丁寧なお手紙をいただき、

感極まって何度も中断しながらの歌入れだった・・・と。

 

いくつになっても錆びない歌に対する真摯な情熱と、言葉に対する純粋な感受性。

彼女の言葉の一つ一つに心動かされる私がいました。

私もまだまだ頑張らなくちゃいけないな・・・と。

 

詞を書いていた時は、泣かせることを意識して書いていたわけではなかったのですが、

サンプル版が届き、初めて知可子さんの歌声を聴いた時、不覚にも目頭がじーんと熱くなりました。

 

慈愛に満ちた、心の壁を越えてす〜っと沁み込んでくる温かい歌声。

 

とても素敵な曲になりました。

 

皆さんもよかったら、ぜひ聞いてみてくださいね。^^*

 

 

Work / comments(6) / -
Comment








まずは詞を読んでみました(*^^*)
この詞に沢田さんの歌声、、
きっと素敵な曲だと思います。
聴いてみます♪
from. カンナ(未朱里)#53 / 2018/08/05 5:35 PM
おお!更新キター!
お仕事されたんですね。
終活。
亜蘭さんが沢田知可子さんを通して観る終活。

ボクの知人仲間は先日還暦で再婚しましたよ。
そんな終活もありですよね、
from. さーた#65 / 2018/08/06 3:57 AM
終活というテーマは、今はよく取り上げらることもあって、皆それぞれが先のことを考えて行動もされているようですね。
先にネットの方で聴かせてもらいました。
詞と曲がマッチしていて、アレンジもよく、聴いていると入り込んでいきますね。僕も涙もろいので、自然と潤んでしまいました。とても心に響く、素敵な楽曲です。
沢田さんのアルバムを若い頃に何枚か聴いていて、言葉をしっかりと伝えようと歌われる方だと思っていましたが、それは今も変わりなく歌われていますね。

「温かい場所にたどり着くまで 人はどれだけ 旅をするのだろう」
「陽だまりに肩を寄せながら 共に歩いていこう」
こんな気持ちを抱きながら、穏やかに終わりに向かって歩いていけたなら幸せですよね。
from. 矢野目 #70 / 2018/08/06 8:31 AM
亜蘭さん、お久しぶりです。
お仕事再開(?)嬉しいです♪
川岸をゆっくりと歩く光景が目に浮かぶ、
穏やかで優しい歌詞ですね。
いつかはこんな風になれたら素敵だなぁ・・・
from. izumi #4 / 2018/08/06 9:16 PM
亜蘭さん
こんにちは!
亜蘭さん、キターー\(^-^)/
本当に嬉しいです!更新、嬉しいです!
『Together』が紹介されていたので聴きました。
歌詞も読みました。
沢田知可子さんがしっとりと歌われていて本当に素敵な曲ですね!
そろそろ終活世代の方々、どっぷり終活世代の方々、私も含めて皆さんが共感し感極まる歌詞だと思います。

『歳を取るのも 悪い事ばかりじゃないさ ゆっくり歩けば 見えてくる景色』
本当にそう思います。
昨日会社で『気持ちは30才なんですけど、風邪の快復も何もかも遅くなった気がしますー。』なんてちょうど話しをしていたところです。こんな不具合も出てきていますが(笑)若い頃の気持ちも、見えなかった景色が見えてくる今も、両方味わえる世代なので、若い頃よりも2倍楽しめるなぁーなんて思います。

亜蘭さんが歌う『Together』を聴きたいです!何度もお願いしてすみません(笑)
同窓会ライブを是非ともよろしくお願いします(^-^)/
from. Ikuko / 2018/08/08 11:59 AM

お久しぶりです。
ブログ更新ありがとうございます!
お仕事の方も始められた様で嬉しいです。
「together」早速聴かせて頂きましたよ♪
「終活」がテーマでの制作だったそうで、
やっぱり、世代的に「そうだよね〜」
って共感するところが多々あり、また、
今、自分の日常でいろいろ考えていることが重なって来たりしたせいか、
今まで聴いてきた亜蘭さんの曲とは違う別の感覚に包まれた様な思いがします。
from. et-art#56 / 2018/08/09 12:53 AM